税理士仲間のはなし


by sagd5zcmir
 大阪府大阪狭山市のコンビニ駐車場で18日夕、女性が乗用車にはねられ、死亡する事故があり、車は女性を車体下部に巻き込んで約20メートル引きずり、民家に突っ込んでいたことが19日、黒山署への取材で分かった。

 黒山署は自動車運転過失致傷容疑で、運転していた大阪西公共職業安定所非常勤職員、清水辰彦容疑者(58)=富田林市青葉丘=を現行犯逮捕、容疑を同致死に切り替えて調べているが、呼気から基準を超えるアルコールが検出され、危険運転致死容疑での立件も検討している。

 事故は18日午後4時半ごろに発生。大阪狭山市狭山の「ファミリーマート狭山市役所前店」の駐車場で、清水容疑者運転の車が歩道上からバックで進入し、歩いていた同市東茱萸木の無職、大歳喜代子さん(84)をはねた後に前進。蛇行しながら南西約20メートルの駐車場まで引きずった。

 車は、止めていた車2台に接触し、駐車場奥のブロック塀を倒して無職、岩田泉さん宅に突っ込んだ。住人にけがはなかった。清水容疑者は「酒を飲んで酔っていた。女性をはねたことは覚えていない」と供述しているという。

 大阪労働局の久知良俊二総務部長は19日、記者会見を開き、「誠に申し訳なく思う。全職員、非常勤職員に対して改めて指導を徹底し、再発防止に努めたい」と謝罪した。

<モンキードッグ>“猿害”は犬の力で 深刻な農作物被害で(毎日新聞)
【ゆうゆうLife】向き合って 前鳥取県知事・片山善博さん(58)(産経新聞)
新型ワクチン余る公算、解約交渉も検討−長妻厚労相(医療介護CBニュース)
不合格者に合格書類 首都大東京、謝罪も「不合格は変わらない」(産経新聞)
偽の「バイアグラ」販売、基準3倍超の錠剤も(読売新聞)
[PR]
# by sagd5zcmir | 2010-01-21 21:28
 第142回芥川・直木賞(日本文学振興会主催)の選考委員会が14日、東京・築地の「新喜楽」で開かれ、直木賞は白石一文さんの「ほかならぬ人へ」と佐々木譲さんの「廃墟に乞う」に決まった。芥川賞は該当作品なしだった。

 白石さんは、1987年に「海狼伝」で直木賞を受け、海洋歴史小説の第一人者として活躍した故・白石一郎さんの長男。芥川・直木賞史上、初の親子受賞となった。

皇太子ご夫妻、神戸入り 震災15周年追悼式典(産経新聞)
【中医協】「中医協の権限縮小の意図が政権に」−診療側・安達委員 (医療介護CBニュース)
<社民・福島氏>基本政策閣僚委の頻繁開催を要望(毎日新聞)
エスカレーターで転倒8人軽傷=NHK施設見学の中学生−名古屋(時事通信)
捜索2日目、手掛かりなし=10人乗り漁船遭難−五島列島沖(時事通信)
[PR]
# by sagd5zcmir | 2010-01-21 03:49
 阪神大震災の犠牲者を追悼するため、神戸市中央区の東遊園地で毎年1月17日に開かれる「1・17のつどい」に今年、初めて参加する遺族がいる。兵庫県芦屋市の自宅で亡くなった坂田温(みつ)さん=当時(62)=の長女の勘角(かんかく)玲(52)さんと、次女の東根薫(50)さん。午前5時46分に、亡き母に鎮魂の祈りをささげる。

 温さんの夫、健さん(78)は15年前の家族写真を今も居間に飾っている。撮影日は平成7年1月3日。温さんの62回目の誕生日だった。芦屋市の自宅には玲さん、薫さんの家族も集まり、カメラ好きの健さんが撮影した。温さんは愛しい孫に囲まれ、笑顔で写真におさまった。わずか2週間後に悲しい別れが待っていようとは、だれも思わなかった。

 震災当日、健さんは中国出張から帰国する途中だった。機中のテレビが、犠牲者の名前を伝える中に、温さんの名があった。

 「信じられない。何が起こったのか」。数日かけて自宅へ戻った健さんを待っていたのは、静かに眠る温さんと、「パパごめん。どうにもできなかった」と涙を浮かべる娘たちだった。

 悲しみにくれた健さんが写真のことを思いだしたのは、温さんの葬儀を済ませた後だった。出張に“同行”したため難を逃れたカメラ。写真の中の温さんは、やさしくほほえんでいた。

 長年開いていた書道教室で、子供からお年寄りまで多くの生徒に慕われた温さん。「よくけんかもしたけど、しっかり者の明るい妻だった。毎日『妻がいてくれたら…』と思ってしまう」と話す健さん。だが、震災から年月もたち、気持ちや生活も落ち着いてきた。昨年12月に、薫さんの勧めもあって東遊園地の「慰霊と復興のモニュメント」に温さんの名前を刻んだ。

 玲さんは「銘板に母の名を刻んだことで、ようやく震災と母の死が結びついた」といい、17日に東遊園地を訪れることにした。震災当時、生まれたばかりだった薫さんの次男は高校1年生。「母にかわいがってくれた孫の成長を報告したい」と薫さんは話した。

【関連記事】
阪神大震災 言葉の壁が心の壁…教諭、3カ国語“四十の手習い”
成人式で「阪神大震災知る最後の世代」があいさつ
[ハイチ大地震] 250年分のエネルギー放出? ハイチ直下にプレート境界
[ハイチ大地震] 「死は至るところにある」米メディア、続々現地に
[ハイチ大地震] 積み上げられる子供の遺体 死者10万人以上か

<政府税調>専門家委座長に神野直彦・関西学院大教授で調整(毎日新聞)
<くぎ落下>高架下の車直撃、男性けが 名古屋(毎日新聞)
竪山容疑者、放火ほのめかす供述も 千葉大生殺害(産経新聞)
91歳男性の車、首都高逆走=正面衝突し4人死傷−東京(時事通信)
働く20〜40代の6割が貯金300万以下(産経新聞)
[PR]
# by sagd5zcmir | 2010-01-20 00:00
 羽生善治王将(39)に久保利明棋王(34)が挑む第59期王将戦七番勝負の第1局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、大塚国際美術館、大塚ホールディングス協賛、徳島新聞社など後援)は16日、徳島県鳴門市の同美術館で2日目が始まった。公開対局場となった「システィーナ・ホール」で両雄が再び向かい合い、記録の牧野光則三段の読み上げる手順に従って、40手目までの局面を再現した。そこで立会の小林健二九段が久保の封じ手を開け、「2二角成です」と読み上げた。

 久保の三間飛車に対して羽生が玉の囲いを後回しにして仕掛け、久保が強気に応じて1日目から大激戦に突入した本局。2二角成は控室の検討陣も予想していた一手だ。

 久保は手にした角を打って馬とし、桂得を果たした。だが、羽生の6七歩(50手目)も厳しそうな手だ。6連覇を目指す羽生と、初の王将奪取を狙う久保。どちらが読み勝っているのか。【山村英樹】

【関連ニュース】
オール学生将棋選手権戦:立命館大・横山さんが優勝
将棋:初日から激戦に突入…王将戦・第1局
将棋:久保が三間飛車 王将戦第1局
将棋:王将戦開幕 久保が先手番
将棋:王将戦15日開幕 羽生に久保が2度目の挑戦

ひいた女性をボンネットに乗せ7キロ逃走(スポーツ報知)
【いま、語る関西人国記】関西マルチメディアサービス社長 原格さん(60)(産経新聞)
【日米外相会談】同盟の亀裂を回避 依然残る米側の不信感(産経新聞)
<雑記帳>10歳トラが成人式、祝いのケーキは馬、鶏で (毎日新聞)
空挺団の新年初訓練を視察=北沢防衛相(時事通信)
[PR]
# by sagd5zcmir | 2010-01-18 00:24
異物混入:菓子袋に裁縫針−−沼津のスーパー /静岡

 沼津署は9日、沼津市東椎路の「スーパーマルトモ愛鷹店」(田中幸一店長)で、スナック菓子1袋の中に裁縫針1本が混入していたと発表した。けが人はなく、袋の包装に針を通したような穴が開いていたことから、同署は何者かが針を混入させた可能性があるとみて、威力業務妨害容疑で捜査している。

 同署によると、8日午後7時ごろ、沼津市内の女性(40)と長男(8)が同店で「姿イカフライ」1袋を購入。自宅に戻って長男が袋を開けたところ、長さ約4センチの裁縫針が中に入っているのを発見したという。

 同署の調べでは、針が入っていたスナック菓子は昨年12月初めごろ同店に搬入され、同時期に店頭に陳列されたという。

 女性からの苦情を受け、同店は8日夜に沼津署に通報。店頭にあった同種の商品6袋は撤去し、包装してあるすべての食品について穴が開いていないか調べたが、今のところ異常は見つかっていないという。【田口雅士、山田毅】

【関連ニュース】
異物混入:おでんパックに縫い針 千葉のスーパー4店舗で
異物混入:菓子袋に裁縫針−−沼津のスーパー /静岡
110番受理状況:昨年、7年連続減少 無効件数8%増、無言電話過半数 /青森
威力業務妨害:滑り台の周りに50本のくぎ散乱−−尼崎・西浦公園 /兵庫
岡山・北区のにせ爆弾:容疑者を起訴−−地検 /岡山

<組織対策費>民主党2議員に22億円支出 小沢代表就任後(毎日新聞)
車いすの65歳男性、踏切で電車にはねられ死亡 大阪・阪和線(産経新聞)
地球温暖化防止応援団に加山雄三、上戸彩、杉山愛さんら(産経新聞)
マイケルさん 専属医を致死容疑で立件へ(毎日新聞)
<鳥取不審死>元ホステスと同居の男が殺害経緯の供述始める(毎日新聞)
[PR]
# by sagd5zcmir | 2010-01-15 23:06